【埼玉県】運送会社・運送業者ガイド » 埼玉の運送会社と社員教育 » 安全運転研修で運転技術を高める

公開日: |最終更新日時:

安全運転研修で運転技術を高める

自社内で独自に実施する研修のほかに、自動車教習所が主催する安全運転スクールを利用する運送業者もあります。安全運転スクールの特徴や、運送業者がスクールを利用するメリットをまとめました。

運送業者向けの安全運転研修とは

安全運転研修とは、自動車教習所が運送事業者に向けて開講している運転スクールで、ドライバーの運転技術や危機意識を向上させることで未だに頻発する大型トラック事故を未然に防ぐことを目的としています。

具体的なプランや受講内容は自動車教習所によって差があるものの、初めてドライバー業に就業した人材向けの初任ドライバー研修と、新人ではないものの運転に関する知識や技術の再習得が必要なドライバー向けの一般ドライバー講習に大別されます。

運送業者が安全講習を受講するメリット

実際の走行中を想定した体験ができる

認定制度の取得などの形式的なメリットの他に、安全運転研修の受講はドライバーにとって実践的なメリットが大きいと言えます。

それは、夜間運転中に発生する蒸発現象や、追突事故が発生した際にドライバーが受ける衝撃など、実際の車両走行中を想定した現象を擬似体験できること。通常の免許取得時や社内研修では座学での理解にとどまっていた内容を身体で経験することで、ドライバーの安全意識向上や事故防止につながります。

Gマーク認定が得られる

運送業者にとって自動車教習所の安全運転研修を自社のドライバーに受講させるメリットはいくつかありますが、その中にGマークの取得も挙げられるでしょう。

Gマークは、公共社団法人全日本トラック協会が定める認定制度で、その事業所が法令を遵守しており積極的に安全対策に取り組んでいることを示します。

自動車教習所が開講する安全運転研修を受けるとこのGマークの要件を満たしたことになります。Gマークを取得した事業所には助成の優遇などのインセンティブが発生するため、運送業者にとってGマークを取得するメリットは大きいと言えます。

国が定める要件を満たせる

また、安全運転研修を受けると、国土交通大臣が定めている「一般的な指導及び監督内容12項目」を受けたのと同等の扱いとされるケースもあります。

この内容には「トラックを運転する場合の心構え」「トラックの構造上の特性」「危険物を運搬する場合に留意すべき事項」など合計12項目が含まれており、全ての項目について1年に1回実施することが求められています。

自動車教習所の安全運転研修を受けるとこれら12項目を実施したと見なされ、国の指導にきちんと従って事業を運営している業者であるとも言えるでしょう。

まとめ

安全運転スクールでは、一般的な社内研修や通常の自動車教習所ではカバーしきれない内容までを学習・体験することが可能です。また、社外の教育機関で指導を受けることで、一定水準の技術であることも確認できるとあり、定期的に受講する運送業者もあります。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら