【埼玉県】運送会社・運送業者ガイド » 埼玉の運送会社と社員教育 » 充実した社内研修でドライバーを育てる

公開日: |最終更新日時:

充実した社内研修でドライバーを育てる

お客様の期待や信頼に応えるために、運送業者は社内研修を通じたドライバー育成に努めています。具体的にどのような内容の研修を実施しているのかを包括的にまとめました。

新人ドライバー向けの一般的な研修の流れ

座学研修と同行研修

自社のドライバーを育成する方法や制度は運送業者ごとに特徴がありますが、業界全体として一般的な育成の流れは共通しています。

まず社内で座学研修を実施して、貨物輸送に関する法規やマナー、車両の構造などについての一般的な知識を習得。座学が終わると、次は先輩ドライバーの助手席に座って運転に同行します。ここで先輩ドライバーが運転している様子を見つつ、道路事情や荷下ろし先での注意事項などを教わります。その後先輩ドライバーの同伴をいただき、実際の運転技術や作業状況のチェックをもらいます。

トラックの運転に慣れてくると社内試験を受け、運転技術に問題がなければ試験合格、晴れてひとり立ちという流れがドライバー育成の一般的な流れです。

免許取得支援制度

上記の流れが基本的な社内研修で、まずは普通免許で運転できる1tトラックなどの運転から始めることが一般的です。

運送業者によっては、ドライバーがさらに上位の運転免許を取得する支援制度を設けているケースがあります。具体的には、4〜6tトラックなど運転に必要な中型免許やそれ以上の積載量を持つ車の運転に必要な大型免許、またはフォークリフトなどの特殊免許などの取得を支援しているケースが多く見られました。

支援の形としては、試験の受講費を会社が全額負担する、資格勉強に必要な教材を会社負担で用意するなど、会社によって様々な方法で支援しています。

資格取得の支援状況については、こちらをご覧ください。

資格取得で荷主のニーズに応える
埼玉の運送業者

通常業務管理による研修

デジタルタコグラフ評価

運送会社によっては安全運転の定着などの目的で、車両に搭載しているデジタルタコグラフ(以下デジタコ)の記録を活用したドライバー教育を実施しているケースもあります。

デジタコは、搭載した車両が走行した距離や時間、さらには時速何キロで走行したのか等の情報をデジタル化して記録する装置です。この機能を活かして新人ドライバーの運転を解析し、課題を可視化した上で改善することが可能です。

例えば、「このドライバーは1日の走行距離がトータル何kmを超えると社内規定速度を超過する傾向がある」「夜何時以降になるとアクセルが急になる傾向がある」というように、ドライバーが抱える運転課題を具体的に把握できるため、改善につなげやすいという点が特徴です。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら