公開日: |最終更新日時:

貨物とドライバーを守る安全対策

運送業者はドライバーの事故防止に関する取り組みに力を入れています。安心して依頼できる運送業者を選ぶために、安全対策のためにどのような設備や取り組みが導入されているかをまとめます。

機械による安全対策

ドライブレコーダーやデジタルタコグラフによる安全対策

代表的な安全対策として挙げられるのは、ドライブレコーダー(以下ドラレコ)やデジタルタコグラフ(以下デジタコ)の導入です。

ドラレコは走行中の周囲の状況を記録できるため、もしも事故が起きた場合のための状況証拠ともなります。また、ドラレコを装備していることをステッカー等で社外にアピールすれば、煽り運転などのトラブル回避のための抑止力となります。

デジタコは、車両が走行した時間や距離、走行速度などをデジタル化して記録する装置です。ドライバーの速度違反や休憩不足を可視化でき、より具体的な指導を行えるため、安全対策としてかなり有効です。

居眠り運転防止のための装置や診断

ドライバーの居眠り運転防止策として、スリープバスターと呼ばれる装置があります。

スリープバスターは運転シートに内蔵し、ドライバーの体表脈波を感知して疲労度を測定する装置です。集中力の低下や眠気が感知された際には、アラーム音や画面表示によってドライバーに警告し、居眠り運転による事故を未然に防止します。

製品によっては、ドライバーごとに疲労度を記録しておけるスリープバスターもあり、蓄積されたデータを活用しドライバーの仕事環境の改善に繋げている運送業者もあります。

運送業者に限らず、交通事故の原因として非常に多いのが居眠り運転です。特に配送サービスの競争が激化する昨今、ドライバーの過重労働が問題視されています。ひどい場合は居眠りだけでなく、意識不明による事故も問題視されております。

人間による安全対策

ローテーション制によるドライバーの負担減

ドライバーの居眠りや集中力低下の防止策として、ローテーション体制によってドライバーのシフトを最適化する取り組みも挙げられます。

居眠り等の問題はドライバーの過労が原因となるケースが多いため、平等なシフト配置によって特定のドライバーにだけ負担がかかりすぎないように工夫している運送業者もあります。

定期的な面談を行い、運転に際し不安な点がないかを確認するのも安全対策のひとつです。

まとめ

配送サービスがますます便利になる背景には、昼夜問わず運送するドライバーの存在があります。

運送業者は荷主の信頼と同時に命を運んでいるといっても過言ではありません。積極的な安全対策で貨物とドライバーを守っている運送業者なら、安心して荷物を頼めます。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら