公開日: |最終更新日時:

破損対策への取り組み方

運送業者に依頼する上で、最も避けたいのが大事な商品の破損です。破損しやすい商品やその主な原因、そして運送業者が実施している破損対策などをまとめました。

破損リスクが高い商品例

運送業において圧倒的に破損のリスクが高い商品は、ビンやガラスでできた割れ物製品です。具体的には、ビン詰めされた飲み物や医薬品、ガラスケースに入った雑貨などがあげられます。

割れ物製品と同じく破損リスクが高い商品には、輸送中に温度調整を必要とする半導体製品や精密機器などの産業機械も挙げられるのが意外な話。

輸送サービスにおいて「破損」とは商品にヒビが入ることだけでなく、商品の形状が変化してしまうことや、温度調整が必要な商品の場合は適温が保たれないことなども広義での「破損」とみなされます。

破損につながる主な原因

運送中の商品が破損する原因として最も多いのは、人的エラーです。

「破損」と聞くと車両走行中に商品が揺れたり接触したりして、本体にキズが入るようなイメージを持つかもしれません。実際の現場では荷積や荷下しなど、人の手が介入する際に商品に破損が生じるケースが多いと言われています。

破損防止に向けた取り組み例

緩衝材を挟むといった基本的な破損防止策のほか、は次のようなユニークなものもあります。

  • 上積みされたくない荷物は、外箱の天井部分を三角錐形にする
  • ガラスケース等の壊れやすい荷物は、梱包時にガラス面をわざと露出させることで、作業員に丁寧に扱うよう意識させる
    ※他の貨物と接触しないように緩衝材を置くのは必須
  • 壊れ物注意のシールは、自社で独自に配色やデザインを作ることで目立たせる
  • 輸送プロセスにおいて、注意事項などの伝達情報を一貫させるために、地方への輸送でも下請け業者を介さずワンストップで届ける

それでも破損してしまう場合の対応法

残念ながら運転技術に問題があり、車両の荷台に傾斜が生じさせるなどして商品を破損してしまうケースは存在します。

そのような人為的エラーを防ぐために、運送業者は各社対策を取っています。

デジタルタコグラフ

破損防止策として多く見られる事例としては、輸送に使用する車両にデジタルタコグラフ(通称デジタコ)と呼ばれる機材があります。

デジタコとは走行車両の走行時間や距離、運転速度などを記録・保存するための運行記録計で、記録を見れば法定速度を守っていなかったことが一発で確認可能。

デジタコを用いて社内でドライバーの運転態度を共有し、問題がある場合は指導・改善を実施している運送業者はどんどん増えています。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら