公開日: |最終更新日時:

運送貨物と賠償保険

受託貨物に破損などが発生したケースに備えて、運送業者は賠償責任保険に加入します。運送業者が賠償保険に加入している場合の事故対応についてまとめました。

運送業者貨物賠償責任保険とは

運送業者貨物賠償責任保険は、各保険会社が運送業者向けに用意している賠償保険です。

各社ごとにサービス内容は違いますが、おおむね共通している事項を紹介します。

補償対象物

運送を請け負った貨物が補償対象となります。対象なる輸送用具(車輌)を限定しており、登録されている車輌以外での事故等は補償対象外となります。

保険責任の始期と終期

  • 包括式:荷受けから通常の輸送にて荷受人への引き渡されるまでの全期間を補償します。ピッキング作業や積み替えなどの期間も対象となります。
  • 個別式:輸送車輌に載せて移動を開始した時点から、通常の輸送にて荷受人へ引き渡されるまでの期間を補償します。もしトラックの変更など積み替えが発生した場合は、積み替え後は補償対象外となります。

運送業者の当該保険の加入は任意である

当該保険の加入義務はありませんが、リスクヘッジとして加入する運送業者がほとんどです。加入する場合は保険限度額などについては運送業者が任意で設定できるようになっています。

ただし補償内容には限度があり、貨物の種類によっては補償の対象外となります。貴金属や高額商品は対象とならないため貨物によっては別途付保する必要があり、通常は運送業者ではなく荷主が付保することがほとんどです。

依頼時に保険内容を確認しよう

上述の通り、運送業許可を得た業者であれば貨物賠償責任保険に加入していると考えてよいでしょう。その中で、保険のプランによってどの程度の範囲で補償が適用されるかが異なります。

一般的に「限定型」と呼ばれる保険プランに加入している運転業者の場合は、限定されたケースでの商品の破損においてのみ補償が適用されます。具体的には車両の爆発や火災、第三者との衝突事故や追突事故による商品の破損などのケースで補償が適用されます。

一方で「ワイド型」と呼ばれる保険プランに加入している運送業者の場合は、上記のケースに限らずほとんど全ての偶発的な事故による損害賠償が適用範囲となります。ワイド型であっても保険が適用されないケースとしては、ドライバーが無免許である場合や、酒気帯び運転の場合などが挙げられます。

大前提として、業者が運送業許可を取得するには対象物無制限の自動車任意保険に加入することが条件とされていますが、中には車両保険については加入していない業者も存在します。

安心して付き合える運送業者を探すには、保険加入を当たり前と考えずに確認することが大切かもしれません。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら