公開日: |最終更新日時:

機械の運送会社の選び方

機械を運ぶ場合、他の商品にはない重量感がテーマとなります。そこで、機械を運べる運送会社の選び方についてまとめてみました。

運送会社の選び方

Gマーク認定業者か

社団法人全日本トラック協会が、事故防止や安全性向上に対してどれだけ取り組んでいるのかを評価する基準として、Gマークと呼ばれる認定制度があります。

つまり、Gマークに認定されている運送会社は事故防止・安全性向上に対してしっかりと取り組んでいることを現していますので、機械の運送を任せても安心です。

お客のニーズを把握している運送会社か

機械も様々ですが、なぜ機会を運ぶのか、ニーズまでしっかりと把握・察知できる運送会社への依頼が望ましいです。例えば精密機械であれば、わずかな衝撃であっても機械の品質を損ねてしまいかねません。機械を運送する時には、いつも以上に運転に気を配り、荷下ろしの際にも周囲に配慮する等、お客のニーズをどれだけ把握し、実践できる運送会社なのかも大切です。

会社選びの失敗を避けるためのポイント

専門車両を保有しているのか

荷物の運送には、それぞれマッチした車両がありますので、機械の運送を依頼する場合、機械運送の専門車両を保有しているのかも大切です。

どれだけ愛想がよく、お客に寄り添ってくれる業者であっても、専用の車両がなければ、相手先に届いた機械が傷ついている可能性もあります。

保有種類と台数

運送会社によってトラックの保有台数は異なりますが、多ければ多いほど良いのですが、例えば「種類が豊富です」とアピールしていても、専用車両を1台ずつしか保有していない場合、他のお客の依頼を受けていれば、新規の依頼まで時間がかかります。

逆に総保有台数はさほど多くはないものの、様々な種類を複数台ずつ保有していれば、スピーディーな依頼が可能になることでしょう。

機械を運送できるトラックの種類

エアサストレーナー

エアサスとは、エアーサスペンションの略称です。サスペンションがあれば衝撃を吸収できますので、機械のように慎重・丁重に扱わなければならない荷物の配送に向いています。

もしもですが、サスペンションのないトラックの場合、安全に運転しているつもりでも、わずかな段差、あるいは道路上の異物の上を走行したことで振動が機械に伝わり、何らかの影響を受ける可能性もあります。あくまでも一例ですが、エアサストレーナーは機械を運ぶトラックとして向いていると覚えておくとよいでしょう。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら