公開日: |最終更新日時:

建材の運送会社の選び方

埼玉で建材の運送が可能な運送会社を選ぶとき、よりよい運送会社を選ぶために重視すべきポイントはどこか、建材の運送会社の選び方や注意点などを見ていきます。

運送会社の選び方

運送会社の選び方として最初に考えるべきポイントは、運送する商材・荷物の取り扱い実績がどのくらいあるかです。

運送会社にもいろいろなタイプがあります。手荷物から大型の機器までなんでも扱っている運送会社もあれば、特定の分野の荷物限定で運んでいる運送会社もあるなどいろいろです。

ピアノ運送や医療用品運送、食品輸送などの言葉はよくききます。建材の運送もそのひとつです。

健在運送の専門性

建材の運送会社を選ぶ場合、建材の運送歴や取り扱う荷物全体に占める割合が重要です。つまり、建材の運送に慣れているか、ノウハウをもっているかどうかを見極める必要があります。

また、ひとくちに建材といっても形状や大きさ、材質はさまざまです。1種類の建材しか運ばないのであれば別ですが、そうでないなら荷物に応じた対応が可能となります。

家屋やビルの一部となる建材の品質が、運送中に損なわれるようなことがあってはいけません。車両の種類や大きさ、建材を安全に固定する装備も重要です。

安全性

運送会社選びでは安全性も大きなポイントとなります。目安となるのが、全日本トラック協会の「安全性優良事業所」認定制度です。

いわゆるGマークの認定事業所で、未認定事業所の半分以下という低い事故割合になっています。

対応の質

運送会社選びに限った話ではなく、建材に限定することでもありませんが、問い合わせや商談の際の受け答えや対応も運送会社選びのポイントです。

質問に対する回答がハッキリしていない、一方的に話す、契約を急がせるといったわかりやすい反応があればおすすめできません。

外側だけ見れば何も問題がないように感じられたとしても、よい仕事ができないケースがあるためです。

こちらの話にしっかりと耳を傾け、疑問点には明確な回答がある、必要に応じて確認を入れてくるといった基本的な事柄がしっかりできていれば安心できます。

さらに、スピード感も重要です。無茶な要求でない限り、こちらが望むことを素早く的確にやってくれると思える運送会社かどうかを見極めましょう。

運送会社選びの注意点

日常的に多くの建材を運送しており会社もドライバーも建材の運送に慣れている。もちろん、建材の積載・運搬に適した車両も揃っており、安全に運送している実績がある、そんな運送会社であれば選んでもよいと考えられます。

ただし、それだけで万全とはいえません。少なくとも以下の点に注意が必要です。

運送会社の規模

運送会社には超大手の企業から個人でやっている零細企業まで、さまざまな規模の会社があります。

単純に大手だから、中小だからということはできません。しかし、考えておくべき点はあります。

まず、大手企業にはスケールからくる安心感があります。経営努力や従業員、ドライバー教育、車両管理など業務体制の整備や顧客からの信頼があればこそ大企業になったといえるためです。

また、万一の際にも体力があります。事故が起きたときの補償面でも不安は小さいでしょう。ただし、大手はマニュアル化された部分が多い点に注意が必要です。細かい要望に対応できないか、対応できたとしても時間がかかる可能性が考えられます。

大手のような安心感を求めるのは難しい反面、要望を迅速に受け入れる余地があるのは中小・零細規模の運送会社です。トップが間近にいるため意思決定がスピーディーにできます。中には大手の仕事を請け負っている会社もあり、高い品質を維持しているケースもあります。

ただし、数多い中小・零細の運送会社のレベルが揃っているわけではないため、選ぶ際には慎重さが必要です。

わかる範囲で経営状態にも注目

運送会社の経営状態は荷主にも影響を及ぼす可能性があります。とくに中小・零細の運送会社で特定の取引先への依存度が高いケースでは、その取引先の仕事が減ることで経営が危機的状況になる可能性が大です。

そのような事態に陥れば、円滑な建材の運送を望めなくなる可能性も出てきます。経営状態を外から見ることは難しいものの、事務所が乱雑であるなど些細な点でも違和感があれば注意してみることが重要です。経営状態に問題がなくても、整理整頓ができていないようなら、荷物が丁寧に扱われないおそれもあります。

建材を運送できるトラックの種類

建材を運送できる主なトラックの種類を以下に示します。

平ボディ

フラットな荷台をもつトラックで、露天のため荷物の積み下ろしがしやすい点が特徴です。クレーンも使えます。シートをかけるなど、風雨を避ける工夫が必要です。また、建材を運送する場合、走行中の荷崩れや路上への脱落には十分注意する必要があります。

バンボディ

荷物を収納できる箱型の荷台をもつトラックで、荷物の積み下ろしは人力やフォークリフトが主流です。

ウィングボディ

荷台の壁面が左右に開閉するタイプで、荷物の積み下ろしが楽にできます。

建材運送の料金相場

運送の料金については各運輸局の管轄ごとに標準的な運賃が告示されており、運送会社の料金はその数値を参考にしています。

たとえば、バンボディの距離制運賃で北海道の場合は2トンクラスの小型車が10kmなら12,450円で、これが埼玉を含む関東運輸局になると15,790円です。建材運送の料金相場は、その他の経費と荷物の特性などを考慮して運送会社が設定する運賃によって形成されます。

相見積もりをとって、極端に安い料金は中身を精査する必要があるかもしれません。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら