公開日: |最終更新日時:

楽器の運送会社の選び方

運送業者に運送を頼める物品はたくさんあります。その中でも業者を選ぶ際に注意しておきたいのが、楽器の運送を依頼するときです。ここでは、楽器の運送業者を探すときに、どのような点に気をつければいいかを見ていきましょう。

楽器運送会社の選び方

事前に打ち合わせをして見積もりを出してくれるか

これは楽器の運送に限ったことではありませんが、業者を選ぶ際には事前に打ち合わせのうえで見積もりを出してくれるところを選ぶべきです。最初にいきなり安い金額を提示されると、ついついその場の勢いで契約を結んでしまいそうですが、見積もりはかならず出してもらいましょう。

料金相場に見合っているか

見積もりを出してもらったら、その見積もり内容が料金相場に見合っているかを確認しましょう。相場よりも大幅に高い場合はもちろんのこと、大幅に安い場合も警戒するべきです。特に、あまりにも相場からかけ離れて安い価格を提示された場合は、手抜き作業をされてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

楽器運送会社のチェックポイント

設置後に調律してくれるか

楽器特有の運送後の作業として楽器の調律があります。ピアノは最低でも年に1回、できれば半年に1回のペースで調律をするべきだと言われています。その理由は、温度や湿度の変化によっても大きな影響を受けます。そのため、業者を選ぶ際には設置後に調律までしてくれるところを選びましょう。

梱包や養生してくれるか

大きさや形状は様々ですが、楽器は総じて繊細な道具です。そのため、運送の際にはきちんとていねいに梱包や養生をしてくれるかどうかも大切です。運送中に傷がつかないようにかぶせておくキルティングカバーはもちろんのこと、楽器の種類によっては専門の車両を用いることもあります。

楽器運送会社の注意点

保証について確認しておく

楽器に限りませんが、業者との契約の前には保証について確認するのが基本です。どんなに優れた業者でも、トラブルは起きるもの。トラブル発生時の保証はきちんと用意されているのか、その内容はどうなっているのかなどをしっかり確認したうえで契約先を選びましょう。

悪天候を想定して打ち合わせをする

どんな優れた業者でも、天候だけはどうにもできません。そのため、打ち合わせの際にはかならず悪天候だったときのことを話し合っておきましょう。また、楽器の中には湿気を嫌うものもありますので、そうした楽器の運送の可否についてもよく話しておく必要があります。

吊り上げが必要な場合、クレーン車が使えるか

楽器がピアノなどの大型のものだった場合、ケースによってはクレーン車などの重機が必要になることがあります。そのため、搬送先やその周辺環境へクレーン車などが侵入できる環境かどうかを確認しておく必要があります。

楽器を運送できるトラックの種類

クレーン、エアサスペンション、パワーゲート

大型の楽器を運送するには、主にクレーン、エアサスペンション、パワーゲートを装備した車両が必要です。クレーンは主に大型の楽器の積み下ろしに用います。積み込んだ車両が振動しやすいと楽器に傷がついてしまうので、庫内にエアサスペンションを設置した車両が望ましいでしょう。

また、車両にパワーゲートがついていると荷降ろしの際の負担や危険性を減らすことができます。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら