【埼玉県】運送会社・運送業者ガイド » 運送会社の選び方 » フレコンの運送会社の選び方

公開日: |最終更新日時:

フレコンの運送会社の選び方

フレコンとは「フレキシブルコンテナ」の略称で、主に砂や土などの粉粒体の運搬に用いられる袋状のコンテナのことです。ここでは、そのフレコンを取り扱っている運送業者の選び方を、いくつかのチェックポイントや注意点、トラックの選び方などを通して解説しています。

フレコン運送会社のチェックポイント

フレコンに適した車種があるか

フレコンの運搬には、それに適した車両が必要です。フレコンは重量があるため、運搬には特別な補強を施し、車体強度を補強した車両が必要なのです。したがって、フレコン運送会社を探す際には、まずその会社がフレコンを運搬できる車両を持っているかどうかをチェックしましょう。

フレコンの特性を熟知しているか

フレコンには、一般的なコンテナと異なり、軽量で丈夫な反面、熱や紫外線で劣化しやすいといった弱点もあります。そのため、フレコンを取り扱うには、そうしたフレコンの特性を熟知している必要があるのです。

フレコン運送会社の注意点

フレコンの取り扱いを誤ると、さまざまな事故に発展します。フレコン運送会社を選ぶ際には、下記のような事故が起こらないように実績のある会社を選びましょう。

フレコンの荷降ろし中に起こった作業員の落下事故

作業員Aが、トラックの荷台に2層に積まれたフレコンの玉掛け作業を行っていました。Aがトラックの運転をしている作業員Bに巻き上げの合図を送ります。それを受けたBが荷を停止させた際に、トラック後方に退避しようとしていたAがバランスを崩しフレコン上部から落下。病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

フォークリフトの転倒による事故

フォークリフトによるトラックへのフレコン積み込み作業中、最後のフレコンパックをトラックに積み込んだ際の事故です。フレコンパックを積み込み、トラックを発車させたところ、フォークリフトに接続されたフレコンパックの吊り紐が完全に外れておらず、トラックの発車と同時にフォークリフトが転倒。フォークリフトに乗っていた運転者は座席から投げ出され地面に落下。さらにフォークリフトの支柱部分が激突し死亡しました。

フレコンを運送できるトラックの種類

ユニック車

ユニック車とは、トラックの荷台部分に小型のクレーンを搭載した車両の総称です。クレーン車と異なるのは、荷物を運搬・積載してそのまま移動が可能という点。ユニック車は、一般的に人力での運搬が困難な重量物の取り扱いに使用されています。

ゲート車

ゲート車とは、重量物を持ち上げるパワーゲートを後部に装備している車輌のことです。パワーゲートは、油圧もしくは電動モーターで昇降します。ゲート車は、重量物の積み下ろしの人的負担を軽減するのに役に立ちます。

ウイング車

ウイング車とは、荷台のパネルが左右に展開するタイプの車両です。荷揚げのときはパネルを開くことができるので、重量物や大きなサイズの荷物を乗せるのに便利です。また、パネルを閉じるとバン型車と同じく屋根ができるので、荷物を濡らさず運送できるのがメリットです。

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら