公開日:|最終更新日時:

運送会社の選び方

運送会社の選び方には各業種や荷物に共通するポイントがあり、その中にも業種や荷物によって考慮すべき部分があります。

建材の運送会社の選び方

建材の運送会社の選び方において、重視すべきは建材運送の実績と対応力です。建材は精密に設計された家屋やビルの建築に使用するため、大きな破損はもちろんのこと、たとえ小さくても運送中に傷や変形等が起きてしまってはいけません。建材を問題なく届け先まで運送する、それができる運送会社を選ぶために必要なことや注意点、トラックの種類などを確認することが重要です。

建材の運送会社の
選び方の詳細はこちら

食品の運送会社の選び方

食品の運送会社の選び方では、日用品などの運送時とは異なるポイントがあります。食品は人が口に入れる物であり、その安全性は最重要とされるものです。そのため、運送中に破損するようなことがあってはなりませんし、腐敗などのリスクがある種類の食品には温度管理が必要となります。食品の運送会社選びのポイントや使用するトラックの種類などの確認が欠かせません。

食品の運送会社の選び方の
詳細はこちら

自動車部品の運送会社の選び方

自動車部品の運送会社選びにあたって重視すべきポイントは、精密部品の運送実績とその体制です。また、自動車部品にはさまざまな種類のモノがあり、大きさも大から小まで幅広いものがあります。運送する自動車部品が1種類なのか多種に及ぶのか、大きいのか小さいのかといった点も含めて、自動車部品の運送会社の選び方を確認しておきましょう。。

自動車部品の運送会社の
選び方の詳細はこちら

衣料(アパレル)の運送会社の選び方

衣料(アパレル)の運送会社の選び方では、ダンボール箱の梱包のままで運送するのか、1着ずつ吊るしたカタチで運送するのかといった大きなポイントがあります。梱包のままなら一般のトラックでも運送できますが、吊るして運ぶならハンガー仕様の輸送車が必要です。それも含めて、衣料(アパレル)の運送会社の選び方について確認してください。

衣料(アパレル)の運送会社の
選び方の
詳細はこちら

化粧品の運送会社の選び方

化粧品の運送会社の選び方には、食品と似たポイントがあります。口にこそ入れないものの、人の肌に触れる化粧品も運送中の変質には注意しなければなりません。温度管理と化粧品の運送に慣れた運送会社が求められます。その他、化粧品の運送会社の選び方を確認しておきましょう。

化粧品の運送会社の選び方の
詳細はこちら

お米の運送会社の選び方

お米は食品に分類されます。冷蔵・冷凍食品と比較すると、温度管理はそこまでデリケートではありませんが、それでもいくつか気を付けなければならない点があります。また、運送はもちろんですが、荷下ろし面まで考慮しなければ大きな手間に悩まされることになるでしょう。

米の運送会社の選び方の
詳細はこちら


機械の運送会社の選び方

機械は慎重に扱わなければならない物もありますので、スピード感よりも、どれだけ大切に運んでくれるのかが問われます。特に精密機械の場合、ドライバーが気を使って運転していても、わずかな振動、あるいは道路の凸凹によって大きな影響を受ける可能性もあるだけに、トラックの種類に関してもこだわらなければなりません。

機械の運送会社の選び方の
詳細はこちら

フレコンの運送会社の選び方

フレコンとは「フレキシブルコンテナ」の略称で、主に土砂などの粉粒体の運搬に用いられる袋状のコンテナです。フレコンは重量があるので、運搬には一般の車両ではなく、十分な車体強度を確保した車両がいります。そのため、フレコン運搬会社を選ぶ際には、専用の車両を保持しているかどうかをチェックしましょう。また、重量物であるフレコンの取り扱いには熟練が必要です。安全にフレコンを取り扱ってきた実績のあるフレコン運搬会社を選ぶことで、事故の発生が防げるでしょう。以下のページで、フレコン運送会社を選ぶポイントを紹介します。

フレコン運送会社の選び方
詳細はこちら

重機の運送会社の選び方

重機の運送会社を選ぶ際には、なによりもまず過積載などの違反をしていないかどうかをチェックすることが大切です。重機の運搬の際に過積載があると、移動や積み下ろしの際に重大な事故が発生する危険性があるからです。また、重機を運搬する際には、周囲の安全を確保するための誘導車も必要です。この誘導車自体が原因となって事故を引き起こすケースもあるので、運搬車だけでなく誘導車も安全に運行できる会社を探しましょう。ここでは、重機の運送会社の選び方、重機を運送できるトラックについて紹介しています。

重機運送会社の選び方
詳細はこちら

楽器の運送会社の選び方

楽器の運送業者を選ぶ際には、まず見積もりを出してくれるところを探しましょう。そして、その見積もりが料金相場より極端に高くも低くもないことをチェックして下さい。また、打ち合わせの際に料金以外にも悪天候時の運送について考えてくれるかどうかをチェックしましょう。楽器の安全な運び出しや輸送のためにクレーンやエアサスペンションを装備しているところが理想的です。

楽器の運送会社の
選び方の詳細はこちら

動物の運送会社の選び方

動物の運送会社を探すには、まず自分が運送したい動物に対応しているところを探さなくてはいけません。また、動物運送会社は動物の種類だけでなく細かい条件も設けていることが一般的なので、それもチェックしておきましょう。動物の運搬には家畜運搬トラックを用います。また、馬には専用の運搬車両の馬運車などがあります。

動物の運送会社の
選び方の詳細はこちら

重量物の運送会社の選び方

重量物の運送会社選びで大切なのは、管理が行き届いていること・対応可能な荷物やエリアの範囲が広いこと・保有している車両や機材が豊富なことの3点です。受けられる範囲が狭いと、依頼を引き受けてもらえないケースがあるため注意しなくてはいけません。ここでは、重量物の運送会社の選び方や選ぶ時のポイントを解説します。

重量物の運送会社の
選び方の詳細はこちら

精密機器の運送会社の選び方

精密機器の運送会社選びで重要なのは、社員の能力が一定水準以上であるか・高い安全管理能力があるか・Gマーク認定がされているかという3つのポイントです。さらに精密機器を安全に輸送するためには、保有している車両が豊富か、経験・技術力が十分かというポイントもチェックすることが大切。ここでは、精密機器の運送会社の選び方について解説します。

精密機器の運送会社の
選び方の詳細はこちら

大型精密機器の運送会社の選び方

大型精密機器は振動・衝撃・気候の変化に弱いため、これらに対応できる運送会社を選ぶ必要があります。精密機器や重量物では問題のない小さな衝撃であっても、大型精密機器にとっては故障してしまう致命傷にもなり得るため、丁寧かつ安全な対応をしてくれる運送会社を選びましょう。専門機材を豊富に取り揃えているか、というのも重要なチェックポイントです。

大型精密機器の運送会社の
選び方の詳細はこちら

海産物の運送会社の選び方

海産物の運送は、より新鮮な状態で運べる仕組みを導入した運送会社を選ぶことが大切。活魚を運送する場合は、魚を眠らせて運ぶ新技術である魚活ボックスが使用されているかをチェックしましょう。魚活ボックスはCO2による睡眠輸送で、過密状態でも24時間の長時間輸送に対応。ほかにもコールドチェーンが行われているか、という点で運送会社を選ぶことも大切です。海産物の運送会社の選び方を確認しておきましょう。

海産物の運送会社の
選び方の詳細はこちら

\急な配送依頼にも対応!/
埼玉の中小企業(製造業)向け運送業者5選

埼玉を拠点として物流事業を展開している運送会社で、GPSを活用した動態管理を実施している業者は5社ありました(2021年3月時点)。
保有する車輌の種類から、運送を得意とする貨物を判断。一般貨物の運送は当たり前!公式サイトでの運送実績の記載種類が多い順に、おすすめの運送会社を紹介します。

当日配送(県内) 即日
見積もり
株式会社トランシア

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※1
手塚運輸株式会社

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

※2 -
株式会社将栄物流

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社ケーロッド

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -
株式会社しんけん

公式HPで
問合せ

電話で
問い合わせ

- -

※1 要12:00までに連絡、※2 要11:00までに連絡

埼玉のおすすめ運送会社

PICK UP 信頼を運ぶ!埼玉運送会社
お勧め5社はこちら